加齢でできるシワや小ジワは馬油+ニベアでケアしています



年齢を重ねればどうしてもシワや小ジワができてしまいますが、若いから大丈夫と思っていても小ジワができてしまいます。

これは乾燥肌などの肌状態や、環境が原因で起こる場合もありますが、そのままにしておくと紙に折りジワが付くように、シワが残ったままになって定着してしまいます。

私は20代までは自分にシワができるなんで予想もしておらず、日焼け止めを顔などに塗るのはシミ予防のためとばかり思っていたので、紫外線がひどくないであろう春先や秋口には日焼け止めを塗らないなど、手抜きをしていたのです。

しかも私は乾燥肌で、年から年中お肌が乾燥しているのにもかかわらず、化粧水を手に取って適当につけた後、乳液を塗るくらいのケアで済ませたり、夏場などは乳液をつけると肌がベタついてニキビが増えると思い込み、化粧水のみで済ませていたのです。

そんな調子なので、20代から30代の前半はいつも顔のどこかにニキビや薄いシワがある状態のままで過ごしていたのです。

そして30代も半ばになった頃、寒い季節になった頃、突如としてお肌がバリバリと乾燥するようになり、ひたいや目周辺やほうれい線がくっきりと現れ始めたのです。

そんなバカなと思いながらも丁寧にたくさん化粧水を付け、乳液もしっかりとするようにしましたが、たいした改善もなくあせる日々が続いていたのですが、これではいけないと思い直し、パソコンで検索をかけ、私の肌に合ったシワ対策を見つけることにしました。

そこで出会った方法が、馬油を付ける方法でした。最初は油なんか顔に付けたらベトベトになるんじゃ?思っていたのですが、恐る恐る付けてみると、肌にスッとなじんでしまい、べトつきもそんなには感じませんでした。

とりあえず馬油を付け化粧水を付けた状態で一晩寝てみると、改善はされていましたがまだ少々かさつきがあったので、そこに最近流行っているニベアをプラスすることにしました。この方法は正解で、ニベアを付けるとお肌のかさつきもなくなり、ひたいの深くなりつつあったシワや目の下にある小ジワには多めにニベアを塗ると、シワが少しづつ薄くなっていきました。

現在でもこの方法を続けていますが、夏場にはベタつきがありそうなので、肌の状態をみて今後のケア方法を考えたいと思っています。


 

国内唯一の シミ・小ジワに効く医薬品