若い肌を保つ、私のコツ。


私40歳を過ぎていますが、30代によく間違われます。
そして、よく肌が綺麗だねとよく言われます。
シワも少ないですし、シミやそばかすもほとんどありません。
若い頃から肌のトラブルは少なかったので、もともと肌は強いのかもしれませんが、
一応気をつけていることはいくつかあります。

まず、乾燥を防ぐことです。
でも、化粧品には全く頼っていません。
お風呂上りに化粧水やクリームなど全くつけないのです。

お風呂での洗顔はもちろん念入りにします。
そして、お風呂にゆっくり入って、顔からもたっぷり汗を出します。
たぶんこの時、肌の老廃物が出ていると思います。
そしてお風呂上りには何も化粧品をつけないのですが、肌が突っ張ったりはしません。
ただ、部屋の中の加湿には充分に気をつけています。

冬は当たり前なのですが、春や秋も乾燥している日などは部屋を加湿します。
そうすれば、肌が乾燥してしわしわになることもありません。
そして、週に何回かジョギングをしているのですが、
その時にやはり顔から汗がたっぷりでます。
やはり常に汗をかき易い体質にしておくのが必要だと思います。

そして、外出するときには日焼けに気をつけます。
夜には基礎化粧はしないのですが、あさは念入りにしています。
やはり外は紫外線が多いですし、乾燥もします。
化粧水やクリームで肌を整えて、そして天気の良い日、曇りの日にも
日焼け止めを塗ります。
一年中日焼け止めは使っています。

特にジョギング中は、早朝であっても日を浴びるので、
きちんと日焼け止めは塗ります。
日焼けをすると、肌は痛むし、乾燥もして、シワやシミの原因になります。

そして、毎日野菜をたっぷりとります。
もちろん、炭水化物、脂質も必要分はきちんと摂取しています。
野菜をとると便通がよくなります。
便通が悪いと私はすぐに肌の調子が悪くなるのです。
野菜も色とりどりのものを食事に取り入れて、
そして果物もとり、肌に良いと言われるビタミンを身体に入れます。

これだけすれば肌はとても良くなります。
肌が綺麗だと若く見られます。
いつまでも若い肌だねと言われたいですね。


 

国内唯一の シミ・小ジワに効く医薬品