私が辿り着いた綺麗な肌の作り方


三十歳を過ぎて、本当にお肌の劣化を感じるようになりました。
ハリがなくなり小じわも増えたし、シミもポツポツ出て来ています。
このままのケアでは、劣化する一方だ!と感じ、いろいろと気を使うようになりました。

まず一番は、やっぱり保湿です。
シワにもハリにも保湿が一番ですから、スキンケアを保湿重視に変えました。
美容マスクも毎日使うようにして、化粧水もたっぷり惜しみなく使います。
毎日続けなければ意味が無いので、高級なものは選ばないようにもしています。
特別な日に特別なケアをするよりも、毎日続けることが肌には大切だと思うからです。

また、外からのケアだけでなく、内からのケアも心がけるようにしています。
食べ物やサプリメントなど、口にするものも美肌を意識するようにしています。
私の場合、便秘になると肌の調子も悪くなるため、便秘にならないように食事にも気を付けています。

また、汗をかいて新陳代謝を高めることも肌には良いことだと思います。
半身浴をしたりスポーツをした次の日なんかは、化粧のノリも良いです。

化粧品も、肌に負担のないものを選んでいます。
肌を綺麗にすると、カバー力なんか気にしなくて良くなりますから、ミネラルファンデーションをさっと付けるだけでベースメイクは完成という感じです。

私が肌に気を使い始めて感じたのは、自分の肌の変化にしっかり注意していると、肌にとって何がよくて何が悪いのかが良く見えてくるため、肌のためになることを自然と出来るようになれます。
肌にも個人差がありますし、どの方法が合うかなんて人それぞれだと思います。
まずは自分の肌を良く知ることが、綺麗な肌への第一歩だと実感しました。

私の肌には、冷たい水での洗顔や冷やした化粧水で引き締めるなんていう方法は合いませんでしたから。
本当に自分の肌に合ったケア方法を探すのが大切です。
あとは、それを続けることですね。
継続は力なり。ダイエットと同じですよね。
綺麗を手に入れるのは簡単ではありませんよね。


 

国内唯一の シミ・小ジワに効く医薬品